メガミミロップの単体考察(悪口)

f:id:gardevoir923:20160924144126j:image

永らくメガミミロップを使っていた私だが、このポケモンを使い始めてから何故かレートに伸び悩んでいる

無論私自身ポケモンをやる時間があまりないため環境を知らないというあからさまな原因はあるがとりあえず八つ当たり気分でこのメガミミロップが何故ダメなのかを上げていく記事を書いてみようと思っている

----------------

❀役割対象のギルガルドやゲンガーに安定して勝つことができない

f:id:gardevoir923:20160924143309p:image

きもったまはゴーストタイプに対しノーマル・かくとうの技を当てることができる特性だ

しかし、メガシンカによる攻撃力上昇で強化されているとはいえ無補正A252振りとびひざげりがH252ギルガルドを乱数1発

まだここは良いだろう

ただしギルガルドには専用技のキングシールドという技がある

ゴーストに対して膝が当たる、とは言えこの技は「外す上に反動を受ける」、またまもる系統の技を撃たれても同様だ

つまりみがわりなどの誤魔化し技を使わなければ全く安定して倒せない

そしてゲンガー、こいつに関しては私の知識不足であったろうがBに分厚く努力値を振る輩がORAS環境後半で登場したらしい

H実数値159だけのゲンガーならほぼほぼ倒せたメガミミロップだがこいつはダメだった、鬼火を無理矢理捩じ込まれて後続に起点にされる

ちなみにねこだましを対面撃たなければ勝てないためダメージ量を見て気づいても影踏みで引くことが叶わないという悲しい結果も多々あった

ゲーフリがバランスを調整しようと試み生まれたと思われるこのポケモンは逆にそいつらに狩られている始末だ

更に4倍を突いてもガブリアスには対面ほぼ刺し違え(意地スカーフなら刺し違え、襷なら二回触る為対面は刺し違え、逆鱗は鉢巻以外は耐える)という現実、メガボーマンダは対面起点にされる()

そのためこのポケモンが安定して勝てる上位ポケモンは実質メガガルーラだけと言っても過言ではないのだ

 

❀試される自覚

f:id:gardevoir923:20160924143524p:image

先程メガガルーラには安定して勝てると述べたが、その為にはとびひざげりという技を使う必要がある

10%で外す技だ、そして私はこれで何度ガルーラ三タテとかいうふざけた負け方をしたことか

(採用する方が悪いとかは頼むから言わないで欲しい)

そしてガルクレセガモスの増加、これがミミロップ軸ではとんでもない逆風だった

ほのおのからだ†:触れた相手を30%でやけど状態にする

ガルーラからクレセリアに引かずにウルガモスに引かれ何度燃やされたかも私はわからない

(ちなみに燃えなかったらクレセリアに引いてくるからタチが悪いことこの上なかった)

このポケモンを扱える人間はプレイングだけでなく外さない運や燃えない運まで持ち合わせていないといけないらしい

 

バシャーモに勝てない

この「勝てない」は対面でも勿論だが性能面だ

(※珠バシャーモ相手なら1加速でも抜かれないことがほとんどで蹴り倒せるけど二連守るって悪夢もある)

まず見出し一つ目のギルガルド・ゲンガーに強い

後投げならガブリアスにもほぼ勝てる(うろ覚えだけど)

ガルーラには身代わりされなければ勝てると考えれば(PGLの身代わり所持率的に言えばだが)その負け筋は10%以下、つまり膝外しより確率が低い

その他馬鹿力といった命中安定技、初速はミミロップの方が早くとも加速による無限の素早さ、炎・格闘という範囲などが強い点として挙がる

別にミミロップが弱いわけでなくバシャーモとの差別化(見た目と初速とヌケニン以外への等倍攻撃、猫騙しや冷凍パンチ、その他器用な補助技など)はあるが、結局器用貧乏なので弱い

あとじゅうなんとかいう特性だけどボルトロスはちゃんときあいだま撃って当ててくる

 

❀無駄に覚える器用な技

f:id:gardevoir923:20160924144046p:image

アンコールを初めとして色々

ただし切る攻撃技がほとんどなく結局フルアタの方が強い(と思う)

身代わり見たらアンコール警戒するだろ〜wwwwとバトンタッチを仕込んで回していたこともあるが誰も警戒してくれない、ゲンガーも初手対面で鬼火撃ってくるから次のサイクルで役に立たなくなる

猫とっておきとかもアリだけどもっと止められる、など

 

❀Q.じゃあなんでお前使ってんだよ

採用理由は愛

まあ多分メガサーナイトとの併用をやめるかちゃんとした組み方見つければなんとかなるんじゃねーの()

 

以上クソ記事でした

✿対面操作軸サナロップ✿

弁当バナナ(https://twitter.com/lycheepoke)主催第1回完熟オフ4位の構築記事

❀はじめに

f:id:gardevoir923:20160828001320j:imagef:id:gardevoir923:20160829161114j:image

(画像提供:あおさん&くそびっち)

使いたいポケモンが1匹いて、友人に「こいつを使って結果出したるわwwww」

なんて言ったものの早幾年()

やっっっと結果らしき結果も出て、記事として残しておこうかなと

 

使いたいポケモン………そう

f:id:gardevoir923:20160828161223j:image

ガルガブゲンを1匹で見れる!!すごい!!と定評()のあるメガのミミロップさん

 

このポケモンと自分が嫁ポケとして愛用しているサーナイトを合わせ構築を組んだのが今回のPT

以下構築記事

 

❀使用パーティ

サーナイト/ミミロップ/ジバコイル/ランドロス/ファイアロー/ブルンゲル

f:id:gardevoir923:20160828195823j:image

❀個体解説

 

f:id:gardevoir923:20160828201546p:image

サーナイト@サーナイトナイト

特性:トレース→フェアリースキン

配分:159-63-94-179-135-122→159-81-94-223-155-142

技:サイコショック/ハイパーボイス/みがわり/めざめるパワー(地面)

フェアリースキンによる高火力ハイボとショックによる擬似両刀、クレセドランへの強い圧力をかけるなどの役割をもつメガ枠

身代わりを上手く使えば相手側のポケモンが雑に削れていくほど高火力

ただしギルガルドや上からの物理攻撃には滅法弱いため扱いも難しい

 

f:id:gardevoir923:20160828201637p:image

ミミロップ@ミミロップナイト

特性:じゅうなん→きもったま

配分:141-128-106-×-117-170→141-188-116-×-117-203

技:とびひざげり/れいとうパンチ/ねこだまし/おんがえし

常に環境に多いメガガルを上から(9割で)吹っ飛ばせる点、ヌケニン以外の全てのポケモンに等倍以上がとれる点が優秀なメガ進化枠

アンコール等優秀な補助技も多く覚えるが、技スペがとにかく足らず、メガゲンをしっかりと倒すことを意識し今回はフルアタとしている

スペックが優秀な分攻撃力の数値が微妙に足りない歯痒さがあった

(猫→恩で倒せないB振りメガゲン…膝で倒せないラッキーやポリ2…(´・ω・`))

素早さに関しては最速をとる必要性がさしてないと感じた為、少しだけ耐久へ割いた

 

f:id:gardevoir923:20160828201645p:image

ジバコイル@とつげきチョッキ

アナライズ

175-67-136-178-132-80

技:10まんボルト/ボルトチェンジ/ラスターカノン/めざめるパワー(氷)

ロップの構築記事を漁っていたら出てきたポケモン

理に叶った良い組み合わせだと思い採用した

ロップを受けに出てくるボルト、クレセ、スイクンに滅法強く更に対面操作の枠も担った

ただしアタッカー起用された悪巧みボルトロスには気合玉外しを祈るしかなくなったり、瞑想クレセリアに起点にされたりといった場面も有り、チョッキの耐久だから…やアナライズの火力だから…と過信するのは良くない

 

f:id:gardevoir923:20160828201653p:image

ランドロス(霊獣)@こだわりスカーフ

いかく

175-200-120-×-101-138

技:はたきおとす/とんぼがえり/じしん/いわなだれ

威嚇撒きによるクッションと対面操作を担った

サナ選出時にはロップの代わりに上から殴る枠にもなり優秀だった

いわなだれは命中率をとってアローへの攻撃を少しでも安定させるため

ステロ持ちゴツメとも悩んだが上から殴る魅力の方が僅かに勝った(個体がいなかったとかそんなことじゃ消してありません)

 

f:id:gardevoir923:20160828201700p:image

ファイアロー@こだわりハチマキ

159-146-92-×-92-170

ブレイブバード

・とんぼがえり

フレアドライブ

・ねごと

一応の対面操作と催眠対策、上から強い火力で殴るポケモン

剣舞が多いため鉢巻はあまり相手から考慮されず出せれば強かった

選出はそれほどされなかったが見せ合いでの圧力が高かったはず

三決で何故かこいつに氷半減って勘違いをして立ち回ったのはどう考えてもブランクが長いため(言い訳)

 

f:id:gardevoir923:20160828201707p:image

ブルンゲル@たべのこし

のろわれボディ

207-58-134-105-126-80

・しおふき

・おにび

・ちょうはつ

じこさいせい

サナ選出時にメガガルに対して投げて誤魔化すクッション枠

相手に噛み砕くと身代わりが無ければしっかりと止めてくれた

ちなみに潮噴きはナメて毒々を撃ってきたグライオンや居座るカバルドンなどに刺さったが結論ねっとうやなみのりの方が強い()

ガルーラに身代わりされると呪いを覚えないコイツでは対処不可で何か技はないかと探した結果だったが、そもそも身代わりガルーラは減ってると後で聞いてブランクを感じry

 

※画像については時間が無かっただけなのでツッコミはNG

 

❀選出

ガルガブゲンなどの並びには

ミミロップ+ジバコイル+ランドロス

ガルクレセドランなどの並びには

サーナイト+ブルンゲル+対面操作枠

といった感じだった

※予選本戦全9選の選出

サーナイト(3/9)

ミミロップ(6/9)

ジバコイル(5/9)

ランドロス(5/9)

ファイアロー(2/9)

ブルンゲル(6/9)

 

❀所感

対面操作などと言ってはいるがただのトンボルチェンの故、やはり積んでくるポケモンには弱かったと思う

例を挙げれば

ウルガモス:ミミロップに雑に投げてきて燃やされる上にそれを起点にしてくる害虫

リザードンカイリュー:舞われると面白いくらい爽快な壊滅劇が起こる

ボルトロス:NastyPlot!!FocusBlast!!→Oh…

クレセリア:瞑想→サナジバコ「無理」

今回は電磁波撒きがいないためそういったものや1度のプレミや釣交換に誤魔化しが効かないのが非常に辛かった

(単純にポケモン触ってなさすぎたということも大きいとは反省している)

  

ただ、対面構築のようなPTにはやや強めの形には組めていたと思う

 

❀結果

予選4-1、直対負けによって2位通過

本戦準決勝で珠バーに負けて三決、そこでも負けて4位という結果に終わった

 

❀余談

学生としては最後の夏休みで、ポケモンに時間を割けるのも来年からは難しいだろうなと思い遠出してこのオフに出てみた

…のと、主催が界隈での身内ということもあり、オフを開くなら是非参加したいという理由もあった

ぎこちないながらも主催を勤めたり面倒見てくれたスタッフさんや参加者さんには楽しい時間をもらって「来て良かった」と思った暖かいオフでした、ありがとうございます

またあんな二次会とかやりたいですね

 

雑な記事ですが目に通していただき光栄です

 

では

 

ついったー→https://twitter.com/fall_equinox

第一回東海シングルフェスタ構築記事

初のオフ参加ということだったのでせっかくだし記事を書いてみようと思った次第

✿使用パーティ
ランドロス(霊獣)
ロトム(ヒート)
f:id:gardevoir923:20150819172314j:image
(画像は公式より)
よくある並びではあるものの、KP上位とある程度戦えるよう組んだつもりだ

✿個体紹介
トレース(フェアリースキン)
143-×-85-177-136-145
(143-×-85-217-155-167)
サイコショック/ハイパーボイス/ちょうはつ/みちづれ

所謂嫁ポケって枠
挑発による展開阻害、高火力のハイボとショックによる擬似両刀により受けループなどへのメタを張れるポケモン
トレースも便利で悪戯心や威嚇持ちにも強く出られる
サイクルで高火力を押し付けたり、最速から放つ道連れを挑発と組み合わせることで残りの選出した二匹で見れない相手と強引に1:1交換することも可能

きもったま(おやこあい)
181-147-100-×100-156
(181-177-120-×-120-167)
すてみタックル/ねこだまし/からげんき/じしん

最強のポケモン
サーナイトとの相性がよい高火力物理の駒で、猫捨て身により大概のポケモンは消し飛ぶ
最速はミラー意識
この技構成に色々言及したいこともあるだろうが、訳あってこのようになっている
詳細は後述の試合内容を参照してほしい
地震は鋼が重いという点で採用

サザンドラ@ラムのみ
ふゆう
191-×-111-176-112-142
あくのはどう/はねやすめ/でんじは/ちょうはつ

このPTの地雷枠と言っても過言ではないと思う駒
†自慢の受けル対策†と展開阻害に重点を置いた
サナガルの苦手とするゲンガーやギルガルドにも強く出られる上に、そこそこの耐久からの電磁波により後続が上を取ったりサザン自身がまひるみを狙える
個人的にまひるみは分の良い運ゲーだと思っているため麻痺させられた側にも云々
余談だが、今回のオフはサザンのKPが私の使用した1のみだったとか

ギルガルド@たべのこし
バトルスイッチ
161-110-170-×-170-89
シャドークロー/かげうち/せいなるつるぎ/つるぎのまい

これも地雷…?とまでは言わずとも変な奴
残飯により受け出せる回数が増えたり相手が型を勘違いして行動することが多く、相手を掻き乱すのにはとても役に立った駒
サザンガルドの並び自体が受け回すとジリ貧になりがちなので、という考えからこのような型に落ち着いた
本当なら163にする予定が忘れていて161のままで「努力値ミスった!!!!」と初戦で言ってしまう始末()
ただ別にどっちでもよかった

いかく
191-170-154-×-101-114
はたきおとす/じしん/とんぼがえり/がんせきふうじ

最強のクッション性能を持つと称されるおっさん
この構築は中速のポケモンで固まっているゆえ、その誤魔化しのために爆ぜずに封じの採用となっている
威嚇とゴツメ、蜻蛉によって有利なサイクルを展開しやすく、PTの潤滑油的役割を果たした駒だった

ロトム@オボンのみ
ふゆう
157-×-128-137-160-108
ボルトチェンジ/オーバーヒート/おにび/でんじは

数値が足りないポケ
当初はミトムを採用していたものの、重くなる鋼とジャロボルトの辛さを考慮しHDに厚く振ったヒトムへと変更
鬼火と電磁波により相手を妨害でき、ボルチェンでの対面操作も可能という駒
ランドと合わせてこの2匹がPTのクッション役を担っていた

立ち回りとしては
・サザンランドヒトムで中速であるサナガルや低速のガルドのSを誤魔化し、上から高火力を押し付ける
・後攻トンボルによって高火力持ちを有利対面で無償降臨させ、目の前や引き先へ高火力を押し付ける
の2パターンとなる

当日はヤンキーどころかヤクザみたいなプレイングも多々あったという自覚はあるが後悔はしていない

選出(全8試合中)
サーナイト使い:とは
f:id:gardevoir923:20150819175732p:image

✿試合内容
本戦3戦分だけここでは
シードだった分私は一試合少なかった

本戦1戦目
ガルランドガルドvsガルクレセ霊ボルト
初手ガルガル対面を猫から入り捨て身
ゴツメクレセに引かれてガルドを後投げして電磁波を入れられる
ここで聖剣を選択し霊技読みで戻ってきたガルーラに当てる
削れたクレセとスカーフ霊ボルトの突破は簡単で難なく勝利

準決勝(BV:YJVW-WWWW-WW2K-X2LK)
ガルサザンガルドvsラキグライゲンガー
初手サザンゲンガーの対面で電磁波を選択しラッキーを後投げされ、挑発と羽で分からせる
が、挑発のタイミングでグライオンを出され惜しくも首を3つ落とされる
続いてガルーラを出し素猫を選択、後投げされたゲンガーに当てる
鬼火されるも素の空元気を当て突破、勝利

ガルーラが非メガ状態を保ち、サナガルを見て出てきやすいゲンガーの鬼火を受け肝っ玉空元気で倒す、と言った動きが、ガルーラが捨て身と空元気を両立している理由なので、この試合ではサザンが切られてしまったものの、まさにコンセプト通りの動きができたと言えるだろう

決勝(BV:FZ3G-WWWW-WW2K-5XC8)
ガルランドヒトムvsグライクレフブラッキー
主催:とげうなぎの枠(http://com.nicovideo.jp/community/co2390517)でも放送されていた試合
初手はガルグライで対面
ガルーラのヤンキー地震クレッフィを突破し、ブラッキーはサイクルでゴツメを叩き火傷を負わせて何とか突破
HP満タン、ギロチンを7発残したグライ1匹まで追い込み、こちらはガルランドヒトムを全て残してガルグライ対面を迎えた

…ここで一転
捨て身を急所にぶち込んだガルーラグライオンにその首を2つとも落とされる
ランドとヒトムはどちらも低速ゆえ、本来この時点でグライオンには勝てない
だが、オフという場においてはPPで勝負することができる
相手は守る身代わり地震ギロチンという構成で、2匹とも浮いている
つまり「ギロチンさえ全て躱せば」PPを枯らし私の勝ちだ…!!

…なんてこともなくランドを切られてヒトムもラスト1のギロチンで持っていかれ、決勝は幕を閉じたのだった

これぞポケモン

ただ、この試合はグライオンをナメた選出をしていたこともあって反省する点も多い
おそらくサナサザンヒトムで選出するのが最善だったのではないかと

✿結果
4-1で予選抜け、決勝まで進みこのとおりギロチン3タテを食らって準優勝となった

冒頭でも触れた通りこれが初のオフ参加とのことで楽しもうという気持ちで参加したが、準決勝と決勝ではみっともない台パンをしてしまったことを悔やんでいる()
とはいえ、オフはとても面白いなと思うこともたくさんあり、次からも是非積極的に参加していきたいと感じた

初のオフを楽しいと思わせてくれた主催やスタッフの方々、参加者の皆様、ものぐさな私に個体を貸してくれた某38氏やこの記事の添削に携わってくれたmiwa似先生には感謝です!
ではまた!
f:id:gardevoir923:20150819225147p:image

Twitter→@Fall_Equinox